H25.3.13

薫る花が好き

花びらの鮮やかさよりも
わたしを惹きつける

透き通った空気の中の
あえかな存在

季節が巡り来るたびに
ひとしずく 
またひとしずく

胸の奥の小瓶に
花の記憶が落ちる

(壁紙素材)

※ページを閉じて戻って下さい。